BMWの4シリーズ

日本導入もつい最近のこと

BMWの3シリーズと5シリーズの中間のモデルという意味で、新しく4シリーズが設けられて、クーペが発売されました。
前面からのデザインはあまりそそられるものはありませんが、サイドビューはバランスが取れており、思わず「これ欲しい」と言ってしまいたくなるデザインです。

 

我が家では2ドアの車は買えないので、買うとしたら2台目ということになるのですが、最も安くて600万円するような車を2台目として買うわけにはいきません。
ただ、見れば見るほどうっとりさせてくれるデザインです。

 

エンジンはガソリンエンジンのみで、ディーゼルはありません。
まあ、この手の車に乗る人が、いくら気にならない音のレベルとはいえ、ディーゼルを欲しがるとは思えないので当然でしょう。
もっともドイツ本国ではディーゼルモデルが、この車種でも設定されている様子で、鋭い加速が欲しい人にとってはありがたいモデルかもしれません。

 

3シリーズよりボディは拡大されているので、車内はゆったりしているのでしょうが、クーペボディなのでデザイン優先です。トランクも3シリーズより小さいようですが、気にする人はいないでしょう。
まだ雑誌の記事で見ただけで、日本導入もつい最近のことらしく試乗していませんが、ぜひ試乗してみたい車です。

11/27